10月10日、11日に日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として「長崎海洋伝習所」を実施しました。
長崎県内の高校生に、海洋再生可能エネルギーを柱とする海洋開発の状況や現地見学を通じて、海洋関連分野への関心を高めてもらうことを目的としています。

11日は長崎市内、五島市内の高校生を対象に、五島市再生可能エネルギー推進室の皆様のアレンジによる、五島での現地視察やROV制作・操作体験を行いました。
事前にレクチャーがあったものの、間近で見る洋上風車や半潜水型スパッド台船の大きさはに驚きを隠せませんでした。
ROV制作では、他校の生徒同士で意見を出し協力しながら、それぞれのグループが異なった形のものを作り上げただけでなく、実際に水槽での操作も行いました。

この一日で高校生の皆様の海洋技術への理解や関心が深まったことを願うばかりです!

☆★☆この事業は、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として行っています。
★☆facebookはこちら ⇒ https://www.facebook.com/namicpa/