12月7日(土)、8日(日)に日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として「長崎海洋伝習所」を実施しました。
これは長崎県内の高校生に対して、国内外の海洋再生可能エネルギーの導入状況、それに伴う新たな仕事の姿を紹介するためのもので、2日間で20人にご参加いただきました。

8日は県内三高校の生徒さんと五島市見学会へ!
海上フェリーで浮体式洋上風力発電「はえんかぜ」や奈留瀬戸の潮流発電実証海域を見学し、海洋再生可能エネルギーへの知見を深めました。
また、高浜海岸では綺麗な海や景色に感動した後に、漂着ゴミの存在を知り愕然としました。
他にもマグロの養殖いけすや燃料電池船の見学、世界遺産である教会見学など、海や五島市の魅力にたくさん触れた一日となりました。

☆★☆この事業は、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として行っています。
★☆facebookはこちら ⇒ https://www.facebook.com/namicpa/